化学者のつぶやき

  1. 貴金属に取って代わる半導体触媒

    C–C結合形成反応を触媒する半導体量子ドットが報告された。C–C結合形成反応を含む様々な光酸化還元反応について、従来の貴金属触媒を”半導体触媒”で代用しても、同様に反応が進行する。半導体量子ドットが光酸化還元触媒になる?光酸化還元触…

  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の6年目です。さて英語はマスタ…

  3. 円偏光スピンLEDの創製

    第91回目のスポットライトリサーチは、東京工業大学未来産業技術研究所・宗片研究室の西沢望特任助教にお…

  4. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?

    香辛料抽出物クルクミンは広範な評価試験でニセの反応を示す分子であると、注意を呼びかける論文が発表され…

  5. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

    プリンストン大学・Robert Knowlesらは、光触媒を介したプロトン共役型電子移動(PCET)…

  6. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  7. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  8. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?

  9. アライン種の新しい発生法

  10. OMCOS19に参加しよう!

  11. マダンガミンの網羅的全合成

  12. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号

  13. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  14. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン

  15. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

  16. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イー・タン Yi Tang
  2. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  3. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  4. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  5. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  6. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  7. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP