化学者のつぶやき

  1. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

    2014年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、二段階励起によって強力な反応駆動力を獲得する可視光レドックス触媒系を初めて見いだした。本論文で示される連続的光誘起電子移動(consecutive PET)現象は、光触媒の…

  2. 「えれめんトランプ2.0」が発売された

    元素と素粒子の描かれたカードを使用してデュエル?するカードゲーム「えれめんトランプ」が2.0となって…

  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  4. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー

    第95回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院農学生命科学研究科・尾仲宏康研究室の山下湖奈さんと…

  5. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

    自己集合性を有するM12L24型かご錯体内の特異的反応場を用いて、同一溶液中酸化反応及び立体選択的D…

  6. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  7. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate

  8. マイクロプラスチックの諸問題

  9. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

  10. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する

  11. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  12. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発

  13. どっちをつかう?:in spite ofとdespite

  14. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

  15. 三中心四電子結合とは?

  16. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  2. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  3. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  4. 白リン / white phosphorus
  5. ステープルペプチド Stapled Peptide
  6. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  7. ピーター・リードレイ Peter Leadlay

注目情報

最新記事

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

PAGE TOP