化学者のつぶやき

  1. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

    そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研究科 分子物質化学専攻 有機化学研究室(野村 琴広研究室)の國澤 実希子さんの研究にフォーカスしました。國澤さんが所属する野村研究室…

  2. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

    一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

  3. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

  4. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

    ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

  5. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

    有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

  6. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

  7. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  8. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  9. 海外のインターンに参加してみよう

  10. 暑いほどエコな太陽熱冷房

  11. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

  12. 「えれめんトランプ2.0」が発売された

  13. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

  14. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー

  15. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

  16. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  2. アルカロイドの大量生産
  3. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  4. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  5. コランニュレン corannulene
  6. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate
  7. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

注目情報

最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

PAGE TOP