化学者のつぶやき

  1. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~

    Tshozoです。 また随分と地味で僻地的なお話をしようと思います。まずタイトルのWisconsin Processをご存知の方はお見えでしょうか? 1956年に20歳くらいだった方ならご存知かもしれませんが十中八九お見えにならんで…

  2. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する

    フローニンゲン大学・Martin D. Witteらは、ビオチンとアジド導入剤を組み合わせた試薬「D…

  3. 深海の美しい怪物、魚竜

    恐竜の時代に広大な海を支配していた巨大な爬虫類「魚竜」。細長い吻(ふん)と大きな眼を持つこの謎に満ち…

  4. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発

    記念すべき第100回のスポットライトリサーチ!今回は、東京大学大学院 工学系研究科 総合研究機構・西…

  5. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系

    2016年、東京工業大学・岩澤伸治らは、単純なプロパルギルエーテルを原料としてα,β-不飽和カルベン…

  6. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-

  7. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-

  8. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  9. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

  10. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー

  11. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  12. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

  13. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

  14. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

  15. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

  16. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  2. 塩にまつわるよもやま話
  3. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  4. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  5. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  6. 田辺シリル剤
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

PAGE TOP