化学者のつぶやき

  1. ハイフン(-)の使い方

    yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいくつか示し、最後によく見られる誤用例を取り上げます。1. 接頭辞との併用接頭辞の後に語幹が組み合わさった語、つまり「」という構造を持…

  2. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

    本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

  3. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

    NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

  4. bothの使い方

    形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

  5. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

    第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

  6. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

  7. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

  8. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  9. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より

  10. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~

  11. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

  12. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

  13. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

  14. whileの使い方

  15. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

  16. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  2. 有機化学者の仕事:製薬会社
  3. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る
  4. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant
  5. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  6. 有機合成のための触媒反応103
  7. Callipeltosideの全合成と構造訂正

注目情報

最新記事

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

 プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

PAGE TOP