化学者のつぶやき

  1. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ

    ケムステをずっと見ている方にはもうお馴染みですが、今年もCASが主催するSciFinder Future Leaders プログラムの参加募集が開始されました。ケムステの過去記事(①、②、③、④)にもあるように、このプログラムではオ…

  2. sinceの使い方

    副詞「since」は、日本人に過度に使用される語です。特に、日本人の学術論文で「since」が使用さ…

  3. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

    第79回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター 酵素研究チーム(沼田研究…

  4. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発

    第78回のスポットライトリサーチは、大阪大学南方研究室の大学院生博士後期課程の岡崎真人さんにお願いし…

  5. howeverの使い方

    副詞「however」は、日本人に最もよく誤用される語の一つです。その誤用は何種類かに分けられますが…

  6. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒

  7. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた

  8. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成

  9. Akzonobelとはどんな会社? 

  10. 燃える化学の動画を集めてみました

  11. 就職か進学かの分かれ道

  12. ハイフン(-)の使い方

  13. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

  14. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

  15. bothの使い方

  16. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  2. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation
  3. ダイヤモンドは砕けない
  4. アルミニウムで水素分子を活性化する
  5. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  6. Organic Synthesis Workbook
  7. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

注目情報

最新記事

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

PAGE TOP