化学者のつぶやき

  1. varietyの使い方

    名詞「variety」は日本人の学者によって、論文執筆の際にたびたび誤用される語です。この名詞には3種類の用法があります。ここではそれらの用法の特徴を説明します。I. 第1用法意味:いろいろ、異なるいくつか、異なる種類。役割:複…

  2. 神経細胞の伸長方向を光で操る

    第84回目のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻小澤研究室の遠藤瑞己特任研究員にお…

  3. 最近の有機化学注目論文3

    注目の有機化学論文を紹介する記事第三弾。できるだけシリーズ化していきたいと思います。【有機反応・…

  4. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!

    最近のJ. Am. Chem. Soc.誌を眺めてみると、下図のようなマークが著者名に付くことが増え…

  5. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式

    3月10日に化学会館で日本化学連合が主宰する化学コミュニケーション2016賞授賞式と「化学でできる創…

  6. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

  7. 有名研究者の論文であったとしても

  8. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

  9. 名古屋市科学館で化学してみた

  10. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

  11. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観察ー

  12. 音声入力でケムステ記事を書いてみた

  13. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  14. alreadyの使い方

  15. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  16. 最近の有機化学論文2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  2. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【終了】
  3. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  4. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  5. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  6. Nature Chemistryデビュー間近!
  7. 毒を持ったタコにご注意を

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP