[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成のための触媒反応103

 

対象

有機合成を学ぶ大学院生以上。

 

評価・解説

触媒量の金属・試薬を用いた有機合成反応を取り上げています。酸化、還元、付加、カルベン錯体の反応、カップリング、異性化・転位、縮合、脱離、重合の各章に分かれており、各々10~20ほどの反応を解説してます。ひとつの反応は見開き2ページに簡潔にまとめられており、見やすいレイアウトになっています。キーワードや参考文献・実験項やテクニックも記載されており、実用面でも役に立つような工夫がなされています。

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  2. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  3. Practical Functional Group Synth…
  4. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  5. English for Presentations at Int…
  6. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  7. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  8. 2009年8月人気化学書籍ランキング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  2. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  3. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  4. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  5. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  6. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  7. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  8. 鋳型合成 Templated Synthesis
  9. 2014年化学10大ニュース
  10. サラシノール/Salacinol

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP