[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Cyclopropanes in Organic Synthes…
  2. 医薬品のプロセス化学
  3. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  4. What’s Cooking in Chemistr…
  5. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  6. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  7. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  8. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  2. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  3. α-トコフェロールの立体選択的合成
  4. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  5. 2016年化学10大ニュース
  6. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  7. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】
  8. Grubbs第二世代触媒
  9. リード反応 Reed Reaction
  10. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成

第92回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターケイ素化学チーム(島田…

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP