[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  2. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所で…
  3. Cyclopropanes in Organic Synthes…
  4. Medical Gases: Production, Appli…
  5. Essential細胞生物学
  6. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  7. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  8. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボンビコール /bombykol
  2. アルカロイドの大量生産
  3. 浜地 格 Itaru Hamachi
  4. NeoCube 「ネオキューブ」
  5. 個性あふれるTOC大集合!
  6. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  7. 最近の有機化学注目論文1
  8. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  9. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  10. 2009年5月人気化学書籍ランキング

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP