[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

 

さて、9月も後半になりました。 学会発表シーズンが到来しています!

特に化学系の方々は9月にかけてから急激に国内学会主催の発表会や討論会(以下、学会)、講演会数が増えるなーと感じる方が多いと思います。

実はこの理工系の学会や講演会といった類のものは、9月に開催されるものだけでも、なんと100回以上もあるんです。

これだけの数あるとなると、その日程を全て把握するのは大変だったりしますね。

現在、企業研究員として働いている著者も、聴講したい学会の日程重複や開催場所などの都合でスケジュール管理が必要であり、一つずつ学会運営サイトを巡って日程や要旨を確認し時間を浪費するのはなかなかおっくうになったりします。

 

学会・講演会を見逃さないために

今回はそんな悩みを持つ方や、単に”網羅的に学会情報を知りたい”、”近場での講演会に参加したい”、そんな方にもオススメのサイト (株)科学技術社が運営する科学カレンダー を紹介します。

科学カレンダーhttp://www.kagaku.com/calendar.php

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-08-31-18-11-14

こちらのカレンダー、主だった理工系の学会や講演会の日程や開催場所のみだけでなく、

タイトル部分に主催者サイトへのリンクが貼られており、すぐにリンク先に飛んで学会内容を確認することができるので、大変便利です。

これがあれば、聞きたかった講演会があったにも関わらず、逃してしまうなんていう失敗もなくせるはず!

また、自身には畑違いな分野の学会情報も網羅的に目を通せ、かつ簡便にその情報を見ることができるので、研究室で普段参加していない様な学会へのハードルを下げることが出来ます。

異分野学会への参加を通して、新たな発見や出会いがあることも学会参加の醍醐味のひとつですね。

 

もちろん学会出張の日程管理だけでなく、

自分に必要な学会だけでも押さえておいて、それに向けての実験スケジュール管理だとか、空き時間を作ってちょっと近場の講演会の探索なんかにも活用しても良いですね。

みなさんプレゼンの腕次第では、「ちょっと旅行がてら遠くに行きたいし、理由をつけて教授におねだりしてみよう」なんかも可能なはず!

 

ではみなさん学会を楽しんで!!

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

tomy

構造と物性に興味のある有機材料屋さん。企業の研究員です。よろしくお願いします。

関連記事

  1. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  2. 祝100周年!ー同位体ー
  3. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  4. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  5. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  6. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  7. 組曲『ノーベル化学賞』
  8. ナイトレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  2. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  3. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  4. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  5. 有用なりん化合物
  6. 吉野 彰 Akira Yoshino
  7. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  8. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  9. ディスコデルモライド /Discodermolide
  10. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP