[スポンサーリンク]

化学地球儀

フィリピン海溝

フィリピン諸島の東部、フィリピン海の南西部にある海溝。大量の重水素を含む堆積物が埋蔵されている可能性がある。

マップ

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

解説

フィリピン諸島のルソン島(首都マニラがある島)南東からミンダナオ島(ドゥテルテ大統領が長年市長をしていたダバオがある島)の東を経て、インドネシアのハルマヘラ島の北東沖に達する海溝である。最深10,497 メートルという深さが記録されていて、現在世界で二番目に深い所がある海溝である。

この海溝には大量の重水素を含む堆積物が埋蔵されているという情報があり、調査が続けられている。いくつかのサイトでは、海溝内の高圧下では酸素原子が勝手に脱離して重水素ガス(D2)を生成したり、高圧下の重水を地上に取り出すと自己反応して重水素ガス(D2)が生成するので水素ビジネスとして一獲千金に成りうると謳っているが、そんなことは考えにくいので、何かしらの重水素を含む化合物がこの海溝に多く含まれているか、単に重水の濃度が高いと考えられる。

関連書籍

関連リンク

Deuterium deposits make Philippines “The Richest Country in the world”:Newsgru

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. ノーベル博物館
  2. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)
  3. エッフェル塔
  4. 史跡 土肥金山
  5. ロンドン・サイエンスミュージアム
  6. 韮崎大村美術館
  7. アルゼンチン キプロス
  8. 筑波山

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Actinophyllic Acidの全合成
  2. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring
  3. 【消臭リキ】マッチでトイレで消臭トライ 
  4. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  5. サン・タン San H. Thang
  6. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  7. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  8. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  9. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  10. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP