chemglossary医薬化学

  1. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

    並行人工膜透過性アッセイ(parallel artificial membrane permeability assay, PAMPA)は、人工脂質膜を用いて化合物の受動的膜透過性を評価する手法。培養が必要な細胞型アッセイ(Caco…

  2. 極性表面積 polar surface area

    極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

  3. ステープルペプチド Stapled Peptide

    ステープルペプチド(Stapled Peptide)とは、短鎖ペプチドの二次構造を安定化させる目的で…

  4. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

    化合物合成経路の終盤で化学選択的な変換を行うことができれば、物質が生来有する構造・機能をある程度担保…

  5. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

    ある種のリコンビナント抗体は血液-脳関門を透過する能力を持つことが知られている。近年、中枢神経系疾患…

  6. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  7. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  8. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  9. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  10. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

  11. トップリス ツリー Topliss Tree

  12. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2016年2月の注目化学書籍
  2. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  3. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  4. メリークリスマス☆
  5. 有機機能材料 基礎から応用まで
  6. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  7. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者

注目情報

最新記事

可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

PAGE TOP