chemglossary医薬化学

  1. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

    並行人工膜透過性アッセイ(parallel artificial membrane permeability assay, PAMPA)は、人工脂質膜を用いて化合物の受動的膜透過性を評価する手法。培養が必要な細胞型アッセイ(Caco…

  2. 極性表面積 polar surface area

    極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

  3. ステープルペプチド Stapled Peptide

    ステープルペプチド(Stapled Peptide)とは、短鎖ペプチドの二次構造を安定化させる目的で…

  4. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

    化合物合成経路の終盤で化学選択的な変換を行うことができれば、物質が生来有する構造・機能をある程度担保…

  5. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

    ある種のリコンビナント抗体は血液-脳関門を透過する能力を持つことが知られている。近年、中枢神経系疾患…

  6. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  7. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  8. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  9. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  10. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

  11. トップリス ツリー Topliss Tree

  12. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  2. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  3. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  4. 文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」
  5. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  6. モッシャー法 Mosher Method
  7. 3.11 14:46 ①

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP