chemglossary有機化学

  1. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

    化合物合成経路の終盤で化学選択的な変換を行うことができれば、物質が生来有する構造・機能をある程度担保しつつも、多数の類縁体への直接的アクセスが可能になる。このような方法論を合成後期多様化法(Late-Stage Diversificatio…

  2. 材料適合性 Material compatibility

    材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

  3. A値(A value)

    A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

  4. エレクトロクロミズム Electrochromism

    クロミズム (Chromism)の一種であるエレクトロクロミズム(Electrochromism)は…

  5. ポットエコノミー Pot Economy

    同じ反応容器内で複数の変換を進行させる合成法をワンポット合成(one-pot synthesis)と…

  6. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  7. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System

  8. 一重項分裂 singlet fission

  9. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

  10. 二光子吸収 two photon absorption

  11. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

  12. FBDD Fragment Based Drug Discovery

  13. ケミカルバイオロジー chemical biology

  14. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  15. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

  16. 山本 尚 Hisashi Yamamoto

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルカリ土類金属触媒の最前線
  2. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis
  3. 東京大学理学部 化学教室
  4. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  5. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも長持ち「ステンレス定規」の巻
  7. コールドスプレーイオン化質量分析法 こーるどすぷれーいおんかしつりょうぶんせきほう Cold Spray Ionization Mass Spectrometry、CSI-MS

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP