chemglossary有機化学

  1. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

     化合物の構造にこだわった合成ではなく、その機能の再現を最重要ポイントと据えた合成法のことを、機能指向型合成(Function-Oriented Synthesis, FOS)と呼ぶ。スタンフォード大学のPaul A. Wenderによって…

  2. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

    化合物合成経路の終盤で化学選択的な変換を行うことができれば、物質が生来有する構造・機能をある程度担保…

  3. 材料適合性 Material compatibility

    材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

  4. A値(A value)

    A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

  5. エレクトロクロミズム Electrochromism

    クロミズム (Chromism)の一種であるエレクトロクロミズム(Electrochromism)は…

  6. ポットエコノミー Pot Economy

  7. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  8. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System

  9. 一重項分裂 singlet fission

  10. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

  11. 二光子吸収 two photon absorption

  12. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

  13. FBDD Fragment Based Drug Discovery

  14. ケミカルバイオロジー chemical biology

  15. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  16. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  2. ホウ素-ジカルボニル錯体
  3. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  4. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する
  5. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授
  6. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~
  7. ケミカル・アリに死刑判決

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

PAGE TOP