[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus

ヴィクター・アルギルダス・スニーカス (Victor Algirdas Snieckus、1937年8月1日(リトアニア生)-)は、カナダの有機化学者である。クイーンズ大学名誉教授。(写真:Queens大学化学科HPより)

経歴

1959 アルバータ-大学 卒業
1961 カリフォルニア大学バークリー校 修士号取得(D. S. Noyce教授)
1965 オレゴン大学 博士号取得(V. Boekelheide教授)
1965-66 カナダ研究評議会 (O.E.Edwards教授)
1967-71 ウォータールー大学 助教授
1971-79 ウォータールー大学 准教授
1979-92 ウォータールー大学 教授
1992-98 ウォータールー大学 Monsanto/NSERC Ind Res Chair
1998-現在 クイーンズ大学 Bader Chair in Organic Chemistry
2009 クイーンズ大学 名誉教授
2009- Snieckus Innovations Director

受賞歴

1991 Universitat Basel Chair, Switzerland
1992-97 NSERC/Monsanto Industrial Research Chair in Chemical Synthesis and Biomolecular Design
1993 The Alfred Bader Award in Organic Chemistry
1993 Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Fellowship
1993 Fellow of the Royal Society of Canada
1994 Gastprofessor, University of Zurich, Switzerland (June 6-July 15, 1994)
1995 Gastprofessor, University of Innsbruck, Austria (May 1-June 15, 1995)
1996 Glaxo Wellcome Professorship, Duke University (January 24-February 26, 1996)
1996 Humboldt Research Award (Humboldt-Forschungspreis)
1996 University of Oregon Alumni Achievement Award in Chemistry
1997 R.U. Lemieux Award for Organic Chemistry
1999 Fellow, Lithuanian Academy of Sciences
2000 100 Milestones of 20th Century Canadian Chemistry Award
2000-2001 Killam Research Fellowship
2001 ACS Arthur C. Cope Scholar Award
2001 International Society for Heterocyclic Chemistry Award
2001 Japan Society for the Promotion of Science, Invitational Fellowship for Research
2001 AstraZeneca Excellence Award in Organic Synthesis
2001 Boehringer-Ingelheim Distinguished Lecturer
2001 Royal Society of Chemistry, Perkin Division, Lecturer
2002 Gedimino Order of the Republic of Lithuania
2003 H.C. Brown Lecturer
2003 Craig Visiting Professor, Australian National University, Canberra
2005 Bernard Belleau Award of the Canadian Society for Chemistry
2005 Novartis Chemistry Lectureship
2005 Aventis Vision Lecturer
2006 AstraZeneca Lecturership
2006 GlaxoSmithKline, Grey College Fellowship, University of Durham, UK
2007 Bristol-Myers-Squibb Lecturer, North Jersey ACS Section
2007 Fellow, International Society of Heterocyclic Chemistry (ICHC)
2007 Aldrich Lectureship, Scripps Research Institute, La Jolla
2008 Boehringer-Ingelheim Lecturer, UQAM, Montreal, April, 2008.
2008 Givaudan/Karrer Visiting Professor, University of Zurich, Organic Chemistry Institute
2009 ICHC Symposium Dedicated to V. Snieckus, St. John’s, Newfoundland, August, 2009
2009 Novartis Lecturer, Central European Countries, Prague, Budapest, Bratislava, April 18th-24th, 2009
2009 Fellow, American Chemical Society (1 of 2 non-Americans of 150 recipients)
2009 Honous causa, Technical University of Tallinn, Estonia
2010 Lithuanian Academy of Sciences Laureate
2011 Excellence In Research, Queen’s University
2011 Alumni Award for a Distinguished BSc Graduate, University of Alberta
2013 Global Lithuanian Award from the President of the Republic of Lithuania, Dalia Grybauskaite

 

研究概要

配向オルトメタル化(directed ortho metalation)に関する研究[1]

芳香環を強塩基でリチオ化するときには反応点が複数考え得るが、配位性官能基を備える場合にはそのオルト位を優先的にリチオ化できる。Snieckusは官能基の種類と配向性能の関係を精査し、これを体系的な合成法として確立した。得られた有機リチウム化合物は様々な有機金属反応やクロスカップリングに用いることができる。

dom_2

関連動画

関連文献

  1. (a) Snieckus, V. Chem. Rev. 1990, 90, 879. DOI: 10.1021/cr00104a001 (b) Schlosser, M. Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 376. DOI: 10.1002/anie.200300645

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  2. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…
  3. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  4. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  5. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham…
  6. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  7. 堀場雅夫 Masao Horiba  
  8. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction
  2. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  3. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  4. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  5. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  6. 林 民生 Tamio Hayashi
  7. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  8. リガンド革命
  9. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”
  10. タミフルの新規合成法

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP