[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

安積徹 Tohru Azumi

安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あづみひろし)もまた東北大学で教授をつとめた物理化学者である。

 

略歴

1953 東北大学理学部化学科
1957 東北大学理学系大学院化学専門課程
1961-1963 ルイジアナ州立大学大学院・留学(フルブライト奨学金)
1965 東京大学物性研究所・伊藤光男研究室・助手
1969 東北大学理学部化学科・助教授
1986 東北大学理学部化学科・教授
1995 東北大学理学系大学院化学専門課程・教授
1998 ミネソタ州立大学秋田校・教授
2004 秋田・国際教養大学・客員教授

 

受賞

1967 日本化学会・進歩賞「分子の励起3重項状態の分光学的研究」
1998 日本化学会・学会賞「新しいスピン分光法の開発と常磁性化学種の構造、ダイナミクス、反応の研究」

 

コメント

安積先生がお書きになった、「学部学生のための量子化学講義ノート」は分子科学会によってWeb上で公開されています。大学の講義等で参考にした方もいるのではないでしょうか。

御存じない方も、ちらりと見てみるのはいかがでしょうか。この講義ノート中の「coffee break」を眺めてみるとしみじみ面白いです。

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

ferrocene

最新記事 by ferrocene (全て見る)

関連記事

  1. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  2. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  3. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  4. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  5. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  6. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  7. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  8. 櫻井英樹 Hideki Sakurai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  2. 図に最適なフォントは何か?
  3. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧
  4. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  5. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  6. 2017年始めに100年前を振り返ってみた
  7. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  8. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  9. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  10. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP