[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

安積徹 Tohru Azumi

安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あづみひろし)もまた東北大学で教授をつとめた物理化学者である。

 

略歴

1953 東北大学理学部化学科
1957 東北大学理学系大学院化学専門課程
1961-1963 ルイジアナ州立大学大学院・留学(フルブライト奨学金)
1965 東京大学物性研究所・伊藤光男研究室・助手
1969 東北大学理学部化学科・助教授
1986 東北大学理学部化学科・教授
1995 東北大学理学系大学院化学専門課程・教授
1998 ミネソタ州立大学秋田校・教授
2004 秋田・国際教養大学・客員教授

 

受賞

1967 日本化学会・進歩賞「分子の励起3重項状態の分光学的研究」
1998 日本化学会・学会賞「新しいスピン分光法の開発と常磁性化学種の構造、ダイナミクス、反応の研究」

 

コメント

安積先生がお書きになった、「学部学生のための量子化学講義ノート」は分子科学会によってWeb上で公開されています。大学の講義等で参考にした方もいるのではないでしょうか。

御存じない方も、ちらりと見てみるのはいかがでしょうか。この講義ノート中の「coffee break」を眺めてみるとしみじみ面白いです。

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

ferrocene

最新記事 by ferrocene (全て見る)

関連記事

  1. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb …
  2. 小林 修 Shu Kobayashi
  3. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  4. イー・タン Yi Tang
  5. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  6. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  7. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  8. ロルフ・ミュラー Rolf Muller

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  2. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  3. 紹介会社を使った就活
  4. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  5. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry
  6. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  7. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction
  8. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  9. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  10. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

就職か進学かの分かれ道

2017年も始まりましたね。現在1月、もうすぐ3月。そうです、就職活動の時期がやってきます。…

ハイフン(-)の使い方

yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をい…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP