[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

安積徹 Tohru Azumi

安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あづみひろし)もまた東北大学で教授をつとめた物理化学者である。

 

略歴

1953 東北大学理学部化学科
1957 東北大学理学系大学院化学専門課程
1961-1963 ルイジアナ州立大学大学院・留学(フルブライト奨学金)
1965 東京大学物性研究所・伊藤光男研究室・助手
1969 東北大学理学部化学科・助教授
1986 東北大学理学部化学科・教授
1995 東北大学理学系大学院化学専門課程・教授
1998 ミネソタ州立大学秋田校・教授
2004 秋田・国際教養大学・客員教授

 

受賞

1967 日本化学会・進歩賞「分子の励起3重項状態の分光学的研究」
1998 日本化学会・学会賞「新しいスピン分光法の開発と常磁性化学種の構造、ダイナミクス、反応の研究」

 

コメント

安積先生がお書きになった、「学部学生のための量子化学講義ノート」は分子科学会によってWeb上で公開されています。大学の講義等で参考にした方もいるのではないでしょうか。

御存じない方も、ちらりと見てみるのはいかがでしょうか。この講義ノート中の「coffee break」を眺めてみるとしみじみ面白いです。

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

ferrocene

最新記事 by ferrocene (全て見る)

関連記事

  1. ヨン・ピエール Jorn Piel
  2. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  3. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  4. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  5. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  6. 野依賞―受賞者一覧
  7. マーティン・バーク Martin D. Burke
  8. 小林 修 Shu Kobayashi

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラテンシマイシン /platensimycin
  2. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  3. スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group
  4. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る
  5. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  6. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  7. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  8. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  9. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  10. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

 プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

ケムステイブニングミキサー2017ー報告

先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Pa…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP