世界の化学者データベース分析化学

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

    デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、19xx年x月xx日(イギリス生)-)は、…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  5. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化…

  6. ジョン・フェン John B. Fenn

  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  9. アレン・バード Allen J. Bard

  10. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

  11. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  12. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  13. マリウス・クロア G. Marius Clore

  14. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail

  15. 田中耕一 Koichi Tanaka

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  2. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  3. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  4. スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group
  5. フリッツ・ボーグテル Fritz Vogtle
  6. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis
  7. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算

注目情報

最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

PAGE TOP