世界の化学者データベース分析化学

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

    デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、19xx年x月xx日(イギリス生)-)は、…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  5. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化…

  6. ジョン・フェン John B. Fenn

  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  9. アレン・バード Allen J. Bard

  10. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

  11. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  12. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  13. マリウス・クロア G. Marius Clore

  14. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail

  15. 田中耕一 Koichi Tanaka

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  2. 抗がん剤などの原料の新製造法
  3. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  4. トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?
  5. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  6. 学振申請書の書き方とコツ
  7. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP