世界の化学者データベース分析化学

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

    デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、19xx年x月xx日(イギリス生)-)は、…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  5. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化学者である。スト…

  6. ジョン・フェン John B. Fenn

  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  9. アレン・バード Allen J. Bard

  10. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

  11. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  12. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  13. マリウス・クロア G. Marius Clore

  14. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail

  15. 田中耕一 Koichi Tanaka

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  2. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  3. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  4. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  5. 2011年10大化学ニュース【前編】
  6. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ
  7. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP