[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

中村 正治 Masaharu Nakamura

 

中村 正治(なかむら まさはる、1967年7月13日-)は、日本の有機化学者である。京都大学化学研究所 教授。

経歴

1991 東京理科大学 理学部応用化学科 卒業.
1996 東京工業大学大学院 理工学研究科 博士後期課程修了.
1996 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 助手.
1999-2000 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen教授)
2002 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 講師.
2004 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 助教授.
2006 京都大学化学研究所 教授

 

受賞歴

2001 日本化学会進歩賞受賞
2005 Banyu Young Chemist Award 2005
2005 有機合成化学協会研究企画賞
2006 Asian Core Program Lectureship Award (Hong Kong) 2006
2006 Asian Core Program Lectureship Award (China) 2006
2006 Banyu Young Chemist Award 2006

 

研究概要

鉄触媒を用いるクロスカップリング反応など、有機金属化学種をもちいた斬新な合成反応の開発に取り組んでいる。

Fe_suzuki_miyaura_1.gif

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  2. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  3. ポール・アリヴィサトス A. Paul Alivisatos
  4. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  5. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  6. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  7. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  8. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲラニオール
  2. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  3. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  4. 化学工場災害事例 ~爆発事故に学ぶ~
  5. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  6. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  7. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  8. 学振申請書の書き方とコツ
  9. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  10. 薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP