[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・フェール George Feher

 

ジョージ・フェール(George Feher、1924年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授(写真:Wolf Foundation)。

経歴

1924年チェコスロバキア生まれ。
1954 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1954-60 ベル研究所
1960 カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授

 

受賞歴

1976 American Physical Society, Oliver E. Buckley Condensed Matter Prize
2006 ウルフ賞(化学部門)

 

研究概要

光合成中心の構造解析および分光学的手法をもちいる駆動原理の解明

Geroge_Feher_2.png

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Feher, G.  Photosynthesis Research 1988, 55, 1. [PDF]

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  2. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  3. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpen…
  4. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  5. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  6. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  7. 大村 智 Satoshi Omura
  8. ステファン・バックワルド Stephen L. Buchwald…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  2. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  3. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  4. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  5. バイアグラ /viagra
  6. マッチ博物館
  7. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  8. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  9. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol
  10. CAS番号の登録が1億個突破!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP