[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・フェール George Feher

 

ジョージ・フェール(George Feher、1924年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授(写真:Wolf Foundation)。

経歴

1924年チェコスロバキア生まれ。
1954 カリフォルニア大学バークリー校 博士号取得
1954-60 ベル研究所
1960 カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授

 

受賞歴

1976 American Physical Society, Oliver E. Buckley Condensed Matter Prize
2006 ウルフ賞(化学部門)

 

研究概要

光合成中心の構造解析および分光学的手法をもちいる駆動原理の解明

Geroge_Feher_2.png

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Feher, G.  Photosynthesis Research 1988, 55, 1. [PDF]

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  2. 山本明夫 Akio Yamamoto
  3. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  4. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  5. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishe…
  6. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  7. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  8. 寺崎 治 Osamu Terasaki

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydrogenation
  2. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation
  3. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  4. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  5. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ
  6. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  7. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!
  8. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  9. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  10. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成

第92回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターケイ素化学チーム(島田…

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP