[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

 

チャイタン・コシュラ(Chaitan Khosla, 19xx年xx月xx日生-)は、アメリカの天然物化学者。インド出身。スタンフォード大学教授

 

経歴

1985 B.Tech., Indian Institute of Technology

1990 Ph.D. California Institute of Technology

1990-1991 Postdoctoral, John Innes Centre, U.K.

受賞歴

1991 Dreyfus New Investigator Award

1994-1999 NSF Young Investigator Award

1994-1999 Packard Fellowship for Science and Engineering

1997 AIChE Allan P. Colburn Award

1999 ACS Lilly Award in Biological Chemistry

1999 NSF Alan T. Waterman Award

2000 ACS Pure Chemistry Award, 2000

2000 Caltech Distinguished Alumni Award

2006 AAAS Fellow, American Association for the Advancement of Science

 

 

研究

type I PKSの研究で有名。まだ40歳代だが、すでに大きな仕事をいくつも成し遂げている。

現在のKhosla教授のresearch interestは主に次の3つ。

1. type1 polyketideの生合成

2. セリアック病(celiac disease)の治療

3. バイオ燃料

 

関連動画

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. フィル・バラン Phil S. Baran
  2. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  3. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  4. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  5. 井上 将行 Masayuki Inoue
  6. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  7. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  8. 岡本佳男 Yoshio Okamoto

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  2. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  3. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  4. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  5. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  6. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  7. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  8. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  9. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  10. 田中耕一 Koichi Tanaka

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP