世界の化学者データベース高分子化学

  1. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

    エチオ・リザード(Ezio Rizzardo、1943年12月26日(イタリア)-)は、オーストラリアの高分子化学者である。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員(写真:CSIRO)。経歴1966 ニューサ…

  2. グラーメ・モード Graeme Moad

    グラーメ・モード(Graeme Moad、1952年6月25日-)は、オーストラリアの高分子化学者で…

  3. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オ…

  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

    ウルリッヒ・B・ウィーズナー(Ulrich B. Wiesner、19xx年x月…

  5. マイケル・レヴィット Michael Levitt

    マイケル・レヴィット(Michael Levitt、1947年5月9日、プリトリア(南アフリカ)生ま…

  6. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

  7. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

  8. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

  9. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  10. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

  11. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  12. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

  13. 原田 明 Akira Harada

  14. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

  15. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

  16. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【PR】Twitter、はじめました
  2. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素
  3. シャンパンの泡、脱気の泡
  4. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  5. フラーレン /Fullerene
  6. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  7. 医薬品の黄金世代到来?

注目情報

最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

PAGE TOP