世界の化学者データベース

  1. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie

    エマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuel Charpentier、1968年xx月xx日(Juvisy-sur-Orge、フランス生)-)はフランスの微生物学者、免疫学者である。(写真はこちらから引用) (さらに&helli…

  2. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

    エミリー・P・バルスカス(Emily P. Balskus、19xx年xx月xx日(シンシナティ、オ…

  3. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna

    ジェニファー・アン・ダウドナ(Jennifer Anne Doudna, 196x年xx月xx日-)…

  4. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribbon

    新庄 輝也(京大)、竹原 善一朗(京大日本の褒章の一つ。学術、芸術、技術開発等の功労者を対象とし、ス…

  5. 浜地 格 Itaru Hamachi

    浜地格(Itaru Hamachi 1960年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である。京都大学大…

  6. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  7. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

  8. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

  9. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

  10. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

  11. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  12. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  13. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu

  14. マーティン・バーク Martin D. Burke

  15. ヴィ·ドン Vy M. Dong

  16. トーマス・トーレス Tomas Torres

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヘロナミドA Heronamide A
  2. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  3. NaHの水素原子の酸化数は?
  4. 萩反射炉
  5. ミック因子 (Myc factor)
  6. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  7. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP