世界の化学者データベース分光分析

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者…

  3. ステファン・ヘル Stefan W. Hell

    ステファン・W・ヘル (Stefan W. Hell、1962年12月23日-)は、…

  4. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

    エリック・ベッツィグ (Eric Betzig、1960年1月13日-)は、アメリカの物理化学者であ…

  5. カール・ジェラッシ Carl Djerassi

    カール・ジェラッシ(Carl Djerassi、1923年10月29日-2015年1月30日)は、オ…

  6. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  7. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  8. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  9. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞
  2. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  3. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  4. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  5. アジサイには毒がある
  6. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  7. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する

注目情報

最新記事

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

PAGE TOP