世界の化学者データベース分光分析

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者…

  3. ステファン・ヘル Stefan W. Hell

    ステファン・W・ヘル (Stefan W. Hell、1962年12月23日-)は、…

  4. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

    エリック・ベッツィグ (Eric Betzig、1960年1月13日-)は、アメリカの物理化学者であ…

  5. カール・ジェラッシ Carl Djerassi

    カール・ジェラッシ(Carl Djerassi、1923年10月29日-2015年1月30日)は、オ…

  6. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  7. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  8. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  9. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
  2. ラロック インドール合成 Larock Indole Synthesis
  3. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  4. ストックホルム市庁舎
  5. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  6. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  7. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP