世界の化学者データベース物理有機化学

  1. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者Autonoma University of Madrid(UAM)大学教授、IMDEA-Nanoscience Associate…

  2. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

    スチュアート・アラン・ライス (Stuart Alan Rice、1932年1月6日…

  3. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

    福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日…

  4. 岩村 秀 Hiizu Iwamura

    岩村 秀 (いわむら ひいず、1934年12月17日-)は、日本の有機化学者である。分子科学研究所名…

  5. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

    ジャクリン・K・バートン (Jacqueline K. Barton、1952年5月7日-)は、アメ…

  6. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ステッター反応 Stetter reaction
  2. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  3. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  5. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  6. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  7. エタール反応 Etard Reaction

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP