[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノーベル医学生理学賞、米の2氏に

スウェーデンのカロリンスカ医科大学は4日、今年のノーベル医学生理学賞を、米コロンビア大のリチャード・アクセル教授(58)と、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのリンダ・バック博士(57)に贈ると発表した。においのセンサーである受容体の遺伝子を突き止め、動物の嗅覚(きゅうかく)システムを解明したことが評価された。賞金は1000万クローナ(約1億5000万円)で、両氏で折半する。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。(引用: 朝日新聞 )

 

1991年にマウスゲノムから1000 個を超える嗅覚受容体遺伝子ファミリーが発見される。その後10 年,哺乳類を中心に嗅覚受容体による嗅覚物質の認識や,脳へのシグナル伝達の仕組みが急速に解明されたことが受賞理由のようだ。化学賞はどうなることやら。

 

関連書籍

 

 外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  2. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  3. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  4. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  5. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  6. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  7. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  2. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  3. スーパーブレンステッド酸
  4. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis
  5. M.G.フィン M.G.Finn
  6. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  7. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  8. セレノフェン : Selenophene
  9. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード
  10. English for Presentations at International Conferences

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

今回は、Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位といった反応を取り上げま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP