[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「マイクロリアクター」装置化に成功

大日本スクリーン製造は28日、化学や製薬業界で開発製造期間の短縮を実現する次世代反応装置「マイクロリアクター」の装置化に成功した、と発表した。少量の液体から高精度な物質を安定生成できる装置で、2006年後半をめどに事業化を目指す。

マイクロリアクターは、金属パネル上の数十-数百マイクロメートルの微小な流路(溝)を利用して、複数の液体を流し込み、化学反応に利用する微小反応装置。同装置は反応の温度や液体の流量を制御などが簡単にでき、少ない材料で効率的な実験や開発が短時間で可能になる。 (引用 :京都新聞)

 

2005年の夏ごろにはこの装置を使用したパイロット生産が製薬メーカーによって開始される予定らしいです。

 

関連リンク

  • 触媒学会「マイクロリアクター研究会」

 

将来技術として有望なマイクロリアクターの触媒化学的利用および合成化学的利用の可能性を検討するとともに、触媒学会会員にマイクロリアクター技術の現状と動向に関する情報を提供することを目的として発足。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本触媒で爆発事故
  2. 114番元素生成の追試に成功
  3. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  4. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  5. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  6. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  7. 金大発『新薬』世界デビュー
  8. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  2. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  3. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  4. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  5. バートン反応 Barton Reaction
  6. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis
  7. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction
  8. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!
  9. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  10. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP