[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増

総合化学メーカーの業績好調が一段と鮮明になってきた。三菱化学など大手5社の2004年4―12月期連結経常利益は、合計で3800億円を上回り、前年同期に比べほぼ倍増した。石油化学製品の値上げが進み、原料価格上昇によるコスト増加を吸収した。電子材料など情報技術(IT)系事業も好調を持続している。2005年3月期通期の経常利益はそろって過去最高を更新する見通しだ。

 9日に出そろった大手5社の4―12月期経常利益は、旭化成と東ソーの増益率が2倍を超えたのをはじめ、増益率が最も低い三井化学でも62%増と、全社とも大幅な増益になった。 (引用:日本経済新聞)


原料の高騰による石油化学製品の値上げ、IT関連の売り上げ増加が功をなしたようです。どんな理由であれ化学産業は基盤なので好調であるとはいいことですね。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  2. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  3. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  4. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  5. 製薬会社5年後の行方
  6. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  7. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  8. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. リコペン / Lycopene
  2. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  3. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  4. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  5. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  6. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  7. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  8. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  9. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  10. 同位体効果の解釈にはご注意を!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP