[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見

県立大薬学部の辻邦郎教授、糠谷東雄(はるお)助教授らのグループは17日までに、ウーロン茶に含まれるアレルギー抑制効果を持つ新成分を発見、化学合成に成功した。市販のウーロン茶1000リットルに1ミリグラムしか含まれない新たな成分は「OTAC」(オータック)と名付け、国際特許を取得。アトピー性皮膚炎患者らのアレルギー性接触皮膚炎に大きな効果がある、という。“県立大発”の新薬開発へ期待が高まっている。(引用:静岡新聞

 

カテキン静岡ならではのお茶ネタです。これは冗談として、ウーロン茶から新たな成分を単離して、合成したそうで、調べてみたのですが化学構造は見つかりませんでした。すみません。

 

ところで、お茶には良く知られているカテキンが含まれていますがこれはポリフェノールといわれる化合物群のひとつです。(ワインに含まれるとよく知られている化合物群です。)ポリフェノールというとちょっとフェノールの重合体と思う方もいるかもしれませんが、フェノール構造をたくさん有する化合物のことなんですね。

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

最新記事 by webmaster (全て見る)

関連記事

  1. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  2. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  3. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  4. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  5. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  6. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  7. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  8. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  2. Chem-Stationついに7周年!
  3. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  4. 紹介会社を使った就活
  5. 書物から学ぶ有機化学4
  6. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  7. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  8. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  9. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  10. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

ベン・デイヴィス Ben G. Davis

ベンジャミン・ガイ・デイヴィス(Benjamin Guy Davis, 1970年8月8日-)は、イ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP