[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エストロゲン、閉経を境に正反対の作用

エストラジオールエストロゲンは若年女性においては心血管を弛緩させるが、閉経後の女性では化学変化が生じて逆の作用を来すことが、先ごろオーランドで開かれた「第2回女性、心疾患および脳卒中に関する国際会議」でジョージア医科大学の科学者らによって明らかにされた。閉経後女性におけるホルモン補充療法(HRT)による冠動脈疾患のリスク増大の原因解明と、こうした化学変化に手を加えることによりエストロゲンが再度安全なものとなることが期待される。(引用:週刊米国健康ニュース

 

エストロゲン(Estrogen)は卵巣濾胞や胎盤などから分泌される女性ホルモンの総称です。エストラジオール-17β、エストロン、エストリオールなどが含まれるが、エストラジオール-17βが最も作用が強いとされています。エストロゲンの分泌が減少すると(40代半ばごろ)に更年期症状などの原因となるため、多くのエストロゲン製剤が開発されています。

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  2. Nature Chemistryデビュー間近!
  3. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  4. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  5. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  6. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  7. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  8. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  2. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  3. アルミニウムで水素分子を活性化する
  4. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  5. 計算化学:基底関数って何?
  6. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  7. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  8. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  9. 日本薬学会第125年会
  10. アルファリポ酸 /α-lipoic acid

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP