[スポンサーリンク]

ケムステニュース

材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却

富大工学部の蓮覚寺聖一教授(無機材料物性化学)は、屋外用の太陽光発電システムに使われる単結晶シリコンの約百分の一の材料費で太陽電池を開発することに成功した。現在、普及しているものはシリコン半導体太陽電池が主流だが、蓮覚寺教授が作ったのは金属イオンを含むゼリー状のゲル体を誘導性ガラスで挟んだ「光触媒型太陽電池」。加工の工程が簡単で、実用化されれば製造コストの大幅削減が可能となる。

 光触媒型太陽電池は、鉄、マンガンなど、複数の金属イオンを含んだゼリー状の溶液であるゲル体を約千分の一ミリの厚さに延ばし、二枚の誘導性ガラスで挟む。電極をつなぐと光の刺激を受けた電子がプラス、マイナスに分かれて電流が流れる仕組みとなっている。開発したゲル体は二五〇度までの加熱に耐えられる。(引用:北国新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  2. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジ…
  3. 170年前のワインの味を化学する
  4. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  5. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  6. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  7. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  8. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  2. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  3. 第8回XAFS討論会
  4. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  5. ウォルター・コーン Walter Kohn
  6. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  7. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  8. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  9. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  10. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP