[スポンサーリンク]

ケムステニュース

カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証

カフェイン独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)が「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」(プログラムディレクター桂直樹理事)の一環として実施している研究課題「自然な睡眠覚醒調節作用を持つ天然素材の探索に関する研究」において、(財)大阪バイオサイエンス研究所研究部長裏出良博らの研究チームは、カフェインの覚醒作用がアデノシンA2A受容体により調節されていることを明らかにした。
 コーヒー・緑茶・紅茶に含まれるカフェインが睡眠覚醒を促すことは古くから良く知られている。しかしカフェインにより引き起こされる覚醒に関与する受容体は特定されていなかった。研究チームは、カフェインの投与(5,10,15 mg/kg)により、野生型マウスでは覚醒が起こるが、アデノシンA2A受容体の遺伝子欠損マウスでは覚醒が起こらないことを証明した。これらの結果はカフェインにより増幅された覚醒にはアデノシンA2A受容体が関与することを示している。(引用:日経プレリリース

カフェインマグカップカフェイン(caffeine)は図のようなアルカロイドです。説明はしっかりしている関連リンクに任せましょう。


ところで、カフェインについて関連リンクを探していたらこんな図をみつけました(出典:T-shirt and Mug winners)。カフェインマグカップ?です。構造式使ってこのように図に当てはめた絵も面白いかもしれません。


 


 

関連書籍


カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用

科学的実験で得られた知見に基づいて、コーヒー、茶、コーラ飲料の有効成分であるカフェイン、チョコレートの主要成分であるテオブロミンの精神薬理作用について紹介し、人間の生活における功罪について考える。

関連リンク

Compounds -Caffeine-

カフェイン – Wikipedia

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  2. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  3. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働き…
  4. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  5. ヘリウム不足いつまで続く?
  6. アミンの新合成法
  7. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  8. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  2. 熊田 誠 Makoto Kumada
  3. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  5. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  6. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  7. レビュー多すぎじゃね??
  8. 2016年2月の注目化学書籍
  9. Reaxys無料トライアル実施中!
  10. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP