[スポンサーリンク]

ケムステニュース

オルガテクノ大賞2005受賞者決定!

オルガテクノ 従来のテクノロジーを根底から覆す可能性を秘めた先端材料・先端応用技術を様々な分野から募集し、それらを顕彰し紹介することによって、有機・高分子技術の一層のレベル向上を図ることを目的としたオルガテクノ大賞2005の受賞者が下記にて決定しました。  受賞者には、会期初日、展示会場内特設ステージにてオルガテクノ大賞選考委員委員長 野依 良治博士2001年ノーベル化学賞受賞 (独)理化学研究所 理事長)をはじめ選考委員より賞状と記念品が授与されました。 (引用: News2u.net

 

2005年7月4日~6日に東京ビッグサイトで開催された、オルガノテクノ2005においての賞です。

 

オルガテクノ大賞 「マイクロキャビティ型白発光+CF方式12.5インチ有機ELディスプレイ」ソニー株式会社

 審査員特別賞 「電場応答性高分子人工筋肉」 SRIインターナショナル

 ポスターセッション賞 「非揮発性機能性分子の分子ビーム堆積と分光研究のためのスプレー・ジェット技術」  (情報通信研究機構 関西先端研究センター

 新技術部門賞 「高機能材料設計プラットフォーム J-OCTA」 日本総合研究所

 材料・素材部門賞 「熱応答性磁性ナノ粒子 商標名:Therma-Max」 チッソ株式会社神戸大学

 デバイス部門賞 「ボールSAWデバイス」 (凸版印刷株式会社)

 製造・設計部門賞  「フロー式粒子像分析装置「FPIA-3000」シスメックス株式会社

 

有機ELが大賞でした。結構面白そうだったんですが、いけませんでした。製造・設計部門のシメックスは臨床検査機器・検査用試薬が中心の会社なんですが(外資っぽいですが日本の会社です。)粒度分布測定器に強くて、大塚電子よりも簡単に測定できる粒度分布計を販売しています。以前、実際使ってみたんですが、非常に使いやすかったです。結果はいまいちでしたが。

関連リンク
 
「有機ELディスプレイ」-ナノエレクトロニクス
 
レーザ回折式粒度分布測定装置 測り方疑問解決編 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  2. 第35回構造有機化学討論会
  3. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  4. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  5. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  6. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  7. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  8. 2008年10大化学ニュース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  2. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  3. 化学 2005年7月号
  4. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  5. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  6. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授
  7. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  8. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明
  9. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  10. 化学小説まとめ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP