[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本コンピュータ化学会2005秋季年会


コンピューター日本コンピュータ化学会2005秋季年会

主催: 日本コンピュータ化学会(SCCJ)

共催:日本化学会情報化学部会、日本薬学会、日本応用数理学会計算材料化学研究部会

日時: 2005年10月15日(土) ~16日(日)

場所: 徳島大学 蔵本キャンパス 長井記念ホール

内容: 計算化学(分子軌道法、分子力学法、分子動力学法、モンテカルロ法など)、理論化学(電子状態理論など)、情報化学(データベース、ケモメトリックスなど)、数理化学、コンピュータ支援化学教育、その他、コンピュータ化学に関する研究発表

?

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ナノってなんて素敵ナノ
  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  3. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  4. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  5. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  6. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  7. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  8. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis
  2. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  3. 結晶世界のウェイトリフティング
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  6. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  7. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  8. 史上最強の塩基が合成される
  9. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  10. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP