[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

エーザイは22日、大衆薬のせき止め去たん剤「アストフィリンS」=写真=を発売したと発表した。同社が医療用医薬品で販売している「アストフィリン」の処方を基に、大衆薬として新たに開発した。希望小売価格は60錠入りが1344円、120錠入りで2394円。初年度は合計で15万本の販売を目指す。

 気管支を広げ、たんを出しやすくする成分として「ジプロフィリン」と「dl―塩酸メチルエフェドリン」を配合。せきの発生に関連する中枢神経に作用する「ノスカピン」も含む。アレルギー性のぜんそくや、せきを鎮める成分も配合した。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  2. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  3. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  4. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  5. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  6. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  7. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  8. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  2. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex
  3. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  4. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  5. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  6. 人と人との「結合」を「活性化」する
  7. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  8. as well asの使い方
  9. 年に一度の「事故」のおさらい
  10. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP