[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発

 信越化学工業は、排水・排ガスから塩水を回収し、リサイクル使用する画期的な新システムを開発し、直江津工場の主力製品であるメチルセルロースの製造工程に導入、7月から稼働開始した。製造工程で発生する排ガス・排水を一括処理し、VOC(有機化学物)の排出量を大幅に低減するとともに、その過程で派生する塩水を回収してカ性ソーダの原料として活用するもの。今後、メチルセルロース以外の製造ラインでも導入可能な改良を検討し、最終的には直江津工場の原塩の約10%を、このシステムで回収できる見通しだ。 (引用:化学工業日報

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  2. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  3. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  4. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  5. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  6. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  7. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12…
  8. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. カセロネス鉱山
  2. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  3. 史跡 佐渡金山
  4. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  5. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi
  6. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  7. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  8. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  9. アルコールを空気で酸化する!
  10. 5社とも増収 経常利益は過去最高

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP