[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透

合成樹脂ポリエチレンとポリプロピレンのメーカー値上げが浸透し、国内価格がほぼ10カ月ぶりに上昇した。石油化学各社が基礎原料ナフサ(粗製ガソリン)の高騰を理由に求めていた値上げを、フィルムメーカーなど需要家が上げ幅を圧縮して受け入れた。合成樹脂ではポリスチレンの値上げ交渉も大詰めに差し掛かっている。 (引用:日本経済新聞)

原油価格の高騰がかなり響いているようです。一般生活にもっとも近い車のガソリンの値段も1年前に比べ10~20円/Lあがっています。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…
  2. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  5. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  6. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  7. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  8. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  2. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  3. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  5. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  6. 反応の選択性を制御する新手法
  7. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  8. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  9. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  10. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP