[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米メルク、業績低迷長期化へ

?米メルクの業績低迷が長期化する見通しだ。19日には副作用問題を巡る訴訟で多額の損害賠償を命じられた。今後も同様の訴訟が相次ぎ、株式市場では「負担額が180億ドル(約2兆円)前後に膨らむ」との予測もある。屋台骨を支える大型新薬の特許切れも迫り、出口の見えない苦境が続く恐れがある。 (引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  2. 114番元素と116番元素が正式認可される
  3. コーラから発がん物質?
  4. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  5. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  6. 書籍「Topics in Current Chemistry」が…
  7. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  8. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  2. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  3. グサリときた言葉
  4. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield
  5. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  6. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  7. DNAのもとは隕石とともに
  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  9. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  10. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP