[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米メルク、業績低迷長期化へ

?米メルクの業績低迷が長期化する見通しだ。19日には副作用問題を巡る訴訟で多額の損害賠償を命じられた。今後も同様の訴訟が相次ぎ、株式市場では「負担額が180億ドル(約2兆円)前後に膨らむ」との予測もある。屋台骨を支える大型新薬の特許切れも迫り、出口の見えない苦境が続く恐れがある。 (引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第35回安全工学シンポジウム
  2. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  3. 100円で買えるカーボンナノチューブ
  4. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺…
  5. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  6. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  7. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  8. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  2. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  3. 114番元素生成の追試に成功
  4. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  5. アジリジンが拓く短工程有機合成
  6. 人前ではとても呼べない名前の化合物
  7. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  8. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  9. English for Writing Research Papers
  10. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP