[スポンサーリンク]

ケムステニュース

のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ

プロペシア?厚生労働省は11日、米国で開発された世界初の”のむ発毛薬”プロペシア錠(一般名フィナステリド)の輸入を承認した。
 承認申請した万有製薬によると、プロペシア錠は既に世界60カ国以上で承認されている。国内で経口タイプの発毛薬が承認されるのは初めて。年内にも発売を始める予定。
 購入には医師の診断、処方が必要で、保険の対象外。成人男性が対象で、1日1回0・2ミリグラムをのむ。増量による効果の増強は確かめられておらず、上限は1日1ミリグラム。海外での試験で有効性が認められなかったため、女性は適応外だ。(引用:河北新報)

ついに経口タイプの発毛薬が発売されました。これで、悩みも解消か!?このプロペシアもはじめは今回の発毛効果でなく違った薬理活性で開発されていた化合物です。

関連サイト

何はともあれ育毛剤

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  2. 風力で作る燃料電池
  3. 100円で買えるカーボンナノチューブ
  4. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  5. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  6. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  7. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム…
  8. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有合化若手セミナーに行ってきました
  2. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  3. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  4. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  5. 「さびない鉄」産業界熱視線
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)
  7. 2008年10大化学ニュース
  8. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  9. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  10. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP