[スポンサーリンク]

ケムステニュース

育て!燃料電池を担う子供たち

化学技術産業の総合展「INCHEM TOKYO 2005」が、東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれている。18日まで。

「INCHEM TOKYO 2005」は「プラントショー」、「先端技術展」、「製造業環境・エネルギー対策展」の3展示会の総称で、会期中はシンポジウムも開催される。また、燃料電池と水素の製造技術を取り上げた特別企画「燃料電池・水素製造」も行われている。この特別企画では「燃料電池組み立て体験コーナー」が設けられ、来場者が燃料電池の組み立てキットを組み立てていた。(引用:ライブドアニュース)

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本薬学会第125年会
  2. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  3. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  4. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  5. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  6. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  7. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  8. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  2. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  3. イトムカ鉱山
  4. 化学グランプリ 参加者を募集
  5. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!
  6. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  7. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  8. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  9. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  10. 抗がん剤などの原料の新製造法

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP