[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

化学大手五社の二〇〇五年九月中間決算が十五日出そろった。ナフサなどの原材料価格が高騰する中、各社は製品価格への転嫁を進めているが、経常利益は旭化成と三井化学が減益となり、他の三社と明暗を分けた。(引用:フジサンケイビジネスアイ

原材料が高騰していますが、製品の需要が多く価格が上がっているため利益がでていますが、今後どうなるかはわかりません。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  2. アルツハイマー薬で副作用死
  3. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  4. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  5. 地位確認求め労働審判
  6. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  7. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  8. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) Trifluoromethanesulfonate
  2. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  3. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  4. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  5. BASFとはどんな会社?-2
  6. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  7. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  8. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  9. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  10. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP