[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

化学大手五社の二〇〇五年九月中間決算が十五日出そろった。ナフサなどの原材料価格が高騰する中、各社は製品価格への転嫁を進めているが、経常利益は旭化成と三井化学が減益となり、他の三社と明暗を分けた。(引用:フジサンケイビジネスアイ

原材料が高騰していますが、製品の需要が多く価格が上がっているため利益がでていますが、今後どうなるかはわかりません。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立…
  2. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  3. 第15回光学活性シンポジウム
  4. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  5. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  6. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  7. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  8. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  2. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  3. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  4. スコット・ミラー Scott J. Miller
  5. Chem-Station開設5周年へ
  6. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  7. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  8. シランカップリング剤入門【終了】
  9. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  10. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP