[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

独化学大手メルクの日本法人、メルク(東京・目黒)は日本での医薬品事業を統合する。2006年4月に新会社「メルクファーマ」を設立、日本法人と系列後発品医薬品会社に分かれていた医薬品事業を統合する。現在発売予定の抗がん剤などに備え、医薬事業の基盤を強化する。(引用:日本経済新聞社)

この間、バイオックス訴訟があったのは米メルクで、元は同じですが別会社です。萬有製薬のバックについているのも米メルクです。医薬品事業というと日本では米メルクが思い浮かびますね。化学系の方で試薬やTLCなどのクロマトグラフィーを使っている方に馴染み深いのは独メルクです。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  2. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  3. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  4. サリドマイド、がん治療薬に
  5. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  7. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  8. 第38回有機金属若手の会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 地位確認求め労働審判
  2. 化学遺産財団
  3. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  4. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation
  5. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  6. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  7. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone
  8. 2016年9月の注目化学書籍
  9. マット・シェア Matthew D. Shair
  10. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP