[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意

三井化学<4183.T>は13日、出光興産(東京都千代田区)と有機EL材料の研究開発・製造の協業体制を構築することで合意したと発表した。

 有機ELの材料の開発で両社の技術を融合させる。製造体制については、三井・出光両社の製造設備を相互で利用するが、具体的な内容は今後、両社で協議する。これらの協業によって得られた有機EL材料は、出光興産が販売を行うとしている。 (引用:朝日新聞)

 

 最近テレビ市場を占有している液晶ディスプレイやプラズマテレビ。携帯電話の画面等では有機ELディスプレイが登場していますが、テレビとしてはまだまだこれからです。多数の特許を有する三井化学と、高い技術力を有する出光が協業体制をとり、テレビ市場での有機ELディスプレイが本格化することによって、フラットパネルディスプレイ市場は活性化されるのでしょうか。期待ですね。

関連書籍

液晶・PDP・有機EL徹底比較

有機ELビジネス最前線
液晶、プラズマに続く、第三のフラットパネルディスプレイ、有機ELディスプレイがわかる。


The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  2. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  3. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  5. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  6. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  7. 製薬各社 2010年度決算
  8. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 極小の「分子ペンチ」開発
  2. 2014年ケムステ記事ランキング
  3. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  4. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  5. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  6. コールドスプレーイオン化質量分析法 こーるどすぷれーいおんかしつりょうぶんせきほう Cold Spray Ionization Mass Spectrometry、CSI-MS
  7. 仙台の高校生だって負けてません!
  8. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  9. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  10. 僕がケムステスタッフになった三つの理由

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP