[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

サリドマイド

 多数の先天性欠損症を引き起こし1962年に使用が禁じられた薬剤サリドマイドが、骨髄腫の治療薬として米食品医薬品局(FDA)により承認された。

 サリドマイドは、新たに多発性骨髄腫と診断された患者に使用することができる。多発性骨髄腫は、感染症を抑制する上で重要な役割を担う骨髄細胞が侵される疾患。AP通信によると、サリドマイドは骨髄腫の標準的な化学療法であるデキサメタゾンと併用して用いられることになるという。(引用:Dr.赤ひげ.com)

 血管新生阻害作用を見出されて以来再び注目されたサリドマイド。ハンセン病や、今回のように骨髄腫の治療薬として注目されているようです。妊婦が飲むとよく知られているような被害が再び起こることは間違いないのですが、そうでなければ病気を治す薬。難しいですね。


The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第32回生体分子科学討論会 
  2. 肩こりにはラベンダーを
  3. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  4. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  5. 昭和電工、青色LEDに参入
  6. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  7. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  8. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  2. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  3. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  4. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  5. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  7. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation
  8. 化学の歴史
  9. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  10. BASFとはどんな会社?-1

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP