[スポンサーリンク]

ケムステニュース

科学:太古の海底に眠る特効薬

毒巻貝と麻酔薬、カブトガニとインシュリンを結びつけて考える人は少ないが、新薬の半数は自然の化合物から開発されている。しかし、科学者が頼っていた陸上生物の生息地が開発により狭まり、新薬発見の可能性も小さくなってきた。

 そこで、スクリップス海洋学研究所(Scripps Institution of Oceanography)の科学者は、海に目を向けた。IPSの取材に応じた「スクリップス海洋バイオテクノロジーセンター」で所長を務めるウィリアム・フェニカル(William Fenical)教授は「海は生物医学研究のフロンティア」だと言う。

 海洋環境では防御をし競争に生き残る機能の発達が促されるので、生物活性化合物の多様化が進むと考えられる。海には動物、植物、微生物の形で1,000万種の固有生物が生息する。感染症や癌を治療する新薬発見の可能性は限りない(引用:JANJAN)。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  2. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  3. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  4. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  5. 114番元素と116番元素が正式認可される
  6. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  7. 化学企業のグローバル・トップ50
  8. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  2. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  3. Independence Day
  4. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  5. みんな大好きBRAINIAC
  6. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~
  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  9. 2016年1月の注目化学書籍
  10. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP