[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見


 山形大農学部の豊増知伸助教授(40)らの研究グループが、高機能な抗がん剤開発への活用が期待される有機化合物「フシコクシン」を生成する遺伝子を発見した。フシコクシンは、抗がん作用があるとされる別の有機化合物「コチレニン」と構造が類似しており、フシコクシンを基にして新たな抗がん剤を大量に生産できる可能性があるという。?

 研究成果は、総合学術雑誌「米国科学アカデミー紀要」の19日付電子版に掲載された。山形大の研究者が筆頭筆者となった論文が、同誌に掲載されるのは初めて(引用:荘内日報社)。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. レッドブルから微量のコカインが検出される
  2. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  3. ナノってなんて素敵ナノ
  4. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  5. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  6. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  7. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原…
  8. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化学美術館が来てくれました
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  4. 熊田 誠 Makoto Kumada
  5. スワーン酸化 Swern Oxidation
  6. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  7. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  8. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  9. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  10. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP