[スポンサーリンク]

ケムステニュース

IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用

 米IBMは,高誘電率(high-k)絶縁膜と金属ゲート電極によるトランジスタを開発する過程で,スーパーコンピュータを使って新素材である二酸化ハフニウム(HfO2)の特性シミュレーションを行った。IBMがスイスで現地時間2月26日に明らかにした。

 

 このシミュレーションは,スイスのチューリッヒにあるIBMの研究所でスーパーコンピュータ「Blue Gene」を使って実施した。目的について,IBMは「HfO2の特性が,半導体業界で検討されてきたほかのhigh-kより優れている理由を知るため」と説明する(引用:日経BPnet)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  2. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  3. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  4. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素…
  5. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  6. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  7. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  8. 114番元素生成の追試に成功

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物の全合成―2000~2008
  2. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  3. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  4. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  5. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  6. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請
  7. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  8. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  9. 核酸塩基は4つだけではない
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP