[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  ダイセル化学工業は、有機合成カンパニーが扱う全製品について5月1日出荷分から値上げする方針を決めた。酢酸エチル、酢酸ブチルなど溶剤類を含めた有機合成品、また有機機能品のラクトン製品を中心とする過酢酸誘導体全般で、今後、需要家との交渉に入る。国産ナフサ価格が1キロリットル当たり5万6000円以上の水準に達する見込みのほか、ユーティリティコストも高騰していることなどが理由。これまでの取りこぼし分も含めて製品価格に転嫁する(引用:化学工業日報)。

 ナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因です。今後もしばらく石油化学製品価格は上昇していくことでしょう。

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  2. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  3. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  4. 第35回構造有機化学討論会
  5. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与…
  6. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  7. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  8. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 付設展示会に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー
  2. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  3. イトムカ鉱山
  4. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  5. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  6. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  7. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを軽減と発表
  8. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  9. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  10. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP