[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  ダイセル化学工業は、有機合成カンパニーが扱う全製品について5月1日出荷分から値上げする方針を決めた。酢酸エチル、酢酸ブチルなど溶剤類を含めた有機合成品、また有機機能品のラクトン製品を中心とする過酢酸誘導体全般で、今後、需要家との交渉に入る。国産ナフサ価格が1キロリットル当たり5万6000円以上の水準に達する見込みのほか、ユーティリティコストも高騰していることなどが理由。これまでの取りこぼし分も含めて製品価格に転嫁する(引用:化学工業日報)。

 ナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因です。今後もしばらく石油化学製品価格は上昇していくことでしょう。

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アセチレン、常温で圧縮成功
  2. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  3. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  4. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  5. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故
  6. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  7. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  8. 114番元素生成の追試に成功

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  2. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation
  3. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  4. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?
  5. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  6. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  7. 新人化学者の失敗ランキング
  8. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  9. エコエネルギー 家庭で競争
  10. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

 プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

ケムステイブニングミキサー2017ー報告

先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Pa…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP