[スポンサーリンク]

ケムステニュース

柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞

?東京大大学院薬学系研究科の柴崎正勝教授(医薬品合成化学)が、英王立化学会の「センテナリーメダル」を受賞することが決まった。 同メダルは1949年創設。このメダルの受賞者から10人以上のノーベル賞受賞者が出ており、2001年にノーベル化学賞を受けた野依良治・理化学研究所理事長は88年に受賞している。 柴崎教授は、さまざまな物質の有用な型だけを有機化学合成で作り出すために働く触媒の開発で世界的に知られている。(引用:毎日新聞)

柴崎教授は、不斉触媒分野での論文引用数・世界一位を獲得した、野依良治教授と並んで世界的に有名な教授です。最近では抗インフルエンザ薬タミフルの完全化学合成に成功し、注目を集めました。

Rudolph Marcus教授、K.B.Sharpless教授、Robert Grubbs教授など、過去のCenternary Medal受賞者にはノーベル賞化学者も多く、大変名誉ある賞の一つです。日本人としては野依教授以来19年ぶりの受賞となります。

 

関連リンク

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 駅トイレ光触媒で消臭
  2. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  3. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  4. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  5. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  6. 光触媒で抗菌・消臭 医療用制服、商品化へ 豊田通商 万博採用を機…
  7. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  8. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Bergfriendhof (山の墓地)
  2. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  3. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  5. スクリプス研究所
  6. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  7. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  8. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  9. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  10. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP