[スポンサーリンク]

ケムステニュース

かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム

神奈川県茅ケ崎市で開かれたスタンドアップパドルボード(SUP)の国際大会「マイナビ THE JAPAN CUP」で、配られたTシャツを着た選手ら30人以上がかぶれなどの症状を訴えた問題で、大会を主催したNPO法人、スタンドアップパドルユニオンは18日、化合物の塩化ジデシルジメチルアンモニウムが原因だった可能性があると公表した。 (引用:朝日新聞デジタル2016年9月18日)

 

該当記事では、塩化ジデシルジメチルアンモニウムが発がん性物質ではないなどと的外れなことを書いていますが、発がん性以前に塩化ジデシルジメチルアンモニウムは第四級アンモニウム塩なので塩基性があり、毒性も高い物質です。Tシャツを着ていた人の症状を見る限り、汗や海水でアンモニウム塩がTシャツから溶け出し長時間皮膚と密着したことで薬傷になってしまったと考えられます。塩基は、酸と違って皮膚の中に浸透するため、まだ症状が治っていない方もいるようです。

インクジェットでTシャツに絵柄をプリントする場合、紙とは異なりインクが布地の中で分散しにじんでしまいます。それを抑えることをコンセプトとして前処理剤を塗布しているそうです。塩化ジデシルジメチルアンモニウムにどのような効果があるかまではわかりませんでしたが、残留すべきでない薬品であることは確かです。

関連書籍

 

関連リンク

  • SDS: メルクで販売している塩化ジデシルジメチルアンモニウムの水IPA溶液のSDS
  • 薬剤供給メーカーのコメント:薬剤をプリントメーカーに供給した島精機製作所のコメント

 

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  2. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  3. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  4. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  5. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  6. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  7. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  8. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/F…

コメント

    • Nick
    • 2016年 9月 19日

    4級アンモニウムの毒性は、強い神経毒性をもつテトラメチルアンモニウムを除けば、一般に界面活性剤としての刺激性とたんぱく質変成作用によるものと思っていました。4級アンモニウムの塩化物は本当に塩基性を示すのでしょうか。フッ化物と混同されていませんか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物化学
  2. 日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン
  3. 化学は切手と縁が深い
  4. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  5. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  6. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  7. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  8. チャップマン転位 Chapman Rearrangement
  9. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  10. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP