[スポンサーリンク]

ケムステニュース

酸素ボンベ爆発、男性死亡 

10日午前9時50分ごろ、神奈川県横須賀市久里浜にある岩谷産業の横須賀ガスセンター敷地内で、液体酸素ボンベ1本が爆発した。巻き込まれた同社従業員一名が死亡した。県警浦賀署によると、ボンベは重さ約132キロで、屋外でボンベの洗浄などの作業中だった。同署が原因を調べている。(引用:産経ニュース9月10日)

 

化学実験では液体酸素ボンベを使うことはあまりありませんが、酸素をよく使う医療現場では使われているようです。液体酸素の危険性は、寒剤の使用前講習などでよく説明されている通り、液体酸素が有機物に触れると爆発します。この事件も、液体酸素に何らかの有機物が触れたことによる爆発の可能性が高そうです。

 

液体窒素を冷媒とした場合には、操作のミスにより液体酸素がトラップなどにたまる可能性が十分にあります。取り扱いには十分に注意すべきです。

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大
  2. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  3. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  4. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  5. 極小の「分子ペンチ」開発
  6. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  7. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  8. 秋の褒章2009 -化学-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  2. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムクロリド:1,3-Bis(2,4,6-trimethylphenyl)imidazolinium Chloride
  3. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  4. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  5. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  6. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  7. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  8. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  9. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduction
  10. 肩こりにはラベンダーを

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP