[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光触媒による水素生成効率が3%に

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1年半で1ポイント向上させ、植物の光合成の10倍に高めた。寿命も延ばし、水素発生を安定化させた。今後は21年度に実用化の水準となる10%を目指す。(引用:ニュースイッチ 2015年10月15日)

今年5月、Nature Materialsに掲載された水分解効率1%の光触媒シートをご紹介(こちら)しましたが、1年も経たないうちに記録更新がなされたようです。しかもその効率はなんと3%!(数年前まで最高効率が0.1%台であったことを考えると驚異的な伸び率!) 記事によればシートの構造と水素発生光触媒が改良されており、触媒の安定性も向上したそうです。

光触媒での水分解は一昔前なら「夢があって良いですね。」と言われていた研究ですが、ここ数年の進歩を見る限り「何年後に実現できますか?」と言われる研究に変わってきているのかもしれません。また実用化が近くなれば酸化チタンの光触媒作用を発見した藤嶋昭先生のノーベル賞受賞の期待がより高まりそうです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.

SHO

博士(工学)。無機ナノ粒子全般に関心があります。

関連記事

  1. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  2. サリドマイド、がん治療薬に
  3. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  4. ヘリウム不足いつまで続く?
  5. アルコール依存症患者の救世主現る?
  6. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  7. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  8. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  2. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  3. 酸で活性化された超原子価ヨウ素
  4. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  5. バイアグラ /viagra
  6. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  7. その実験結果信用できますか?
  8. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  9. Heterocyclic Chemistry
  10. ジョン・スティル John K. Stille

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP