[スポンサーリンク]

ケムステニュース

<アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ

埼玉県三芳町の事務用品通販会社「アスクル」の物流倉庫で2月に起きた火災で、焼けた物流倉庫が、危険物を保管する際に消防法が義務づけている市町村長の許可を受けていなかったことが関係者への取材で分かった。  (引用:毎日新聞4月8日)

アスクルの倉庫が火事になり大騒ぎになったことは、まだ記憶に新しいことです。その現場の検証が続いているようで、危険物の保管に問題があったようです。該当ニュース記事では、一般の人向けにわかりやすく書かれていますが、内容を察するに火災のあった倉庫は、消防法の定める危険物向けの倉庫ではないため、指定数量が0.2までの危険物しか保管できないにもかかわらず、0.2を超える量のエタノールなどを保管していて、火災の被害を大きくする要因になったかもしれないということのようです。

消防法は、日本で活動する化学者は絶対に知らなくてはならない法律で、特に指定数量は溶媒を取り扱う上で常に頭に入れておく必要があります。危険物の第四類に該当する引火性液体の指定数量は、引火点によって特殊引火物(50/L)、アルコール類(400/L)、第1から4石油類(200~6000/L)までに分類されています。多くの研究室は指定数量が0.2までしか危険物を保管することができず特殊引火物であるジエチルエーテルは10Lを持ち込むだけで、0.2となってしまいます。エタノールはアルコール類に分類されるため、80 L以上がアスクルの倉庫内に保管されていたと推測されます。

指定数量の種類別値

4月は、研究室に新入生が入ってくる時期で、しっかりと遵守すべき法令も教える必要があります。いちいち溶媒庫に取りに行くのが面倒だからといって研究室に指定数量以上の保管していると、火事になった時に被害を大きし、責任を問われる可能性があります。

なお、アスクルの事故では指定数量の問題だけでなく、防火シャッターの不具合など防火設備の問題もあったようです。いずれにしても、研究室の防災に関してアスクルの火災から学ぶべきことはあるようです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  2. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  3. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  4. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  5. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  6. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  7. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る
  8. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…

コメント

  1. やはりそうか。恐らく試薬や飲料としてのエタノールではなく殺菌スプレーの類だろうとは思う。オフィス用品屋さんからすると盲点なんだろうけど、知っておかなけりゃいかん。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  2. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  3. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization
  4. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に
  5. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  6. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  7. 化学の歴史
  8. Reaxys Prize 2013ファイナリスト45名発表!
  9. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  10. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP