[スポンサーリンク]

ケムステニュース

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(アイキャッチ画像: European Union Observatory for Nanomaterials 公式サイトより)

The EUON is a new initiative and funded by the EU Commission. It will grow over the years to come as we expand the content of the platform further. You, as a reader, will have an important role to play in this as we can only achieve the ambitious goal of increasing the transparency of nanomaterials on the EU market by ensuring that all perspectives are taken into account. EUON is hosted and maintained by the European Chemicals Agency (ECHA). (引用: European Union Observatory for Nanomaterials 2017年6月14日)

EUは化学に関して、規制の制定や情報の発信などを行う機関、European Chemicals Agency (ECHA) を已に有していましたが、昨今の情勢を考慮し、特にナノマテリアルを専門的に取り扱う機関である、European Union Observatory for Nanomaterials を新たに設立しました。

ECHA によるナノマテリアルに関する記事は以前から投稿されており、化学物質としてのその重要さや、サイズによる違いが物質の性質を大きく変えることがあるという事実などが言及されています 1

ナノマテリアルやナノテクノロジーという言葉が一般化した現代社会において、その目に見えない世界に関する正しい情報を発信しくことが、この度オープンされた公式サイトの目的であるとのことです。

参考文献・関連記事

  1. Why are nanomaterials important?” | ECHA

関連リンク

The following two tabs change content below.
Eine

Eine

北京の大学院生。音楽が好きで,聴いたり,作ったり,演奏したりする。音楽ゲームも好き。研究では主にナノレベルの世界の解析をしている。言語や文化の壁と戦いながら,分子や電子たちの気持ちを考える日々。

関連記事

  1. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  2. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  3. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  4. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  5. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  6. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  7. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  8. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  2. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction
  3. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  4. 大学院講義 有機化学
  5. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dichlorobis(acetonitrile)palladium(II)
  6. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  7. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  8. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thiophene Synthesis
  9. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  10. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP