ケムステニュース化学合成

  1. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実験を近く開始する。狙うのは未知の119番と120番。ロシア側との国際競争に再び勝利できるか注目されそうだ。(産経新聞:1月29日)昨年は…

  2. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  3. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  4. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  5. アミンの新合成法

     活性化されていない不飽和炭化水素(オレフィン)に対する触媒的ヒドロアミノ化反応は現在までに…

  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  7. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  8. 抗がん剤などの原料の新製造法

  9. 保護により不斉を創る

  10. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  11. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  12. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  13. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  14. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  15. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

  16. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 被引用回数の多い科学論文top100
  2. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  3. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction
  4. イチゴ生育に燃料電池
  5. 地球外生命体を化学する
  6. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  7. コルベ電解 Kolbe Electrolysis

注目情報

最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

PAGE TOP