ケムステニュース化学合成

  1. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実験を近く開始する。狙うのは未知の119番と120番。ロシア側との国際競争に再び勝利できるか注目されそうだ。(産経新聞:1月29日)昨年は…

  2. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  3. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  4. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  5. アミンの新合成法

     活性化されていない不飽和炭化水素(オレフィン)に対する触媒的ヒドロアミノ化反応は現在までに…

  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  7. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  8. 抗がん剤などの原料の新製造法

  9. 保護により不斉を創る

  10. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  11. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  12. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  13. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  14. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  15. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

  16. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  2. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  3. インフルエンザ対策最前線
  4. ケミストリー通り
  5. 遠藤守信 Morinobu Endo
  6. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  7. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション

注目情報

最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

PAGE TOP