ケムステニュース化学合成

  1. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実験を近く開始する。狙うのは未知の119番と120番。ロシア側との国際競争に再び勝利できるか注目されそうだ。(産経新聞:1月29日)昨年は…

  2. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売

     旭化成ケミカルズ(本社:東京都千代田区 社長:藤原 健嗣)の100%出資子会社である旭…

  3. プラスチックを簡単に分解する方法の開発

    An Efficient Method To Depolymerize Polyamide …

  4. アミンの新合成法2

    先日新規アミノ化反応を報告しましたが、今回またイリノイ大学から新規なアミノ化反応が報告されま…

  5. アミンの新合成法

     活性化されていない不飽和炭化水素(オレフィン)に対する触媒的ヒドロアミノ化反応は現在までに…

  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

  7. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

  8. 抗がん剤などの原料の新製造法

  9. 保護により不斉を創る

  10. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

  11. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  12. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

  13. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

  14. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

  15. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞

  16. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  2. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  3. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  4. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  5. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  6. C70の中に水分子を閉じ込める
  7. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??

注目情報

最新記事

分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

PAGE TOP